ビジネスマナーと職場での振る舞い

ベトナム人と取引関係を結ぶ際には、ベトナム人特有のビジネスマナーをよく知る必要があります。

海外では特に、ビジネスシーンでどのように振る舞うかが重要です。ベトナムの仕事社会には階級制度があり、独特の商習慣があります。

ビジネスミーティングの予定は数週間前に立てましょう。ベトナム人は物事を急いで行う事を好みません。

ミーティングに現地の代表者か通訳者を同行させることで、仕事が進みやすくなります。ベトナム人は英語があまり堪能ではないので、英語を使うと内容の抜け落ちが発生しやすくなります。

名刺は通常、ミーティングの最初に交換します。両手を使って差し出し、英語とベトナム語が同じ面に印刷されているようにしましょう。

ミーティングの最初と最後では、両手で握手をしましょう。約束の時間は全て守る事が重要ですが、やむおえない事情がある場合には、ベトナム人は寛容です。

欧米人の場合、政府役人が関与している役所仕事は遅れる傾向にあります。許可書やライセンスを担当する政府役人と人間関係を構築しておく事が重要です。汚職が蔓延しているので、賄賂や追加報酬を払う事は珍しくありません。汚職が原因で、商取引が大幅に遅れる可能性もあります。

できない約束事はしないでください。面潰しを招く可能性があり、信用問題に発展します。

ウィスキーは非常に喜ばれる贈り物ですが、賄賂と受け取られる事もあります。プレゼントする場合には、ミーティングの最後、または商取引に関係しない場面を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です