ベトナムは人件費が高騰しています

ベトナムは、東南アジア諸国連合(ASEAN)内で特に人件費が高騰しています。

CareerLinkの最近の調査によれば、周辺諸国の人件費の高騰が16%であるのに対し、ベトナムでは20-24%という数字が出ています。

キャリアリンクのファン氏は「調査によれば、2018年のベトナムの人材市場を成長させた要因は数多くあります。」と述べています。

「雇用の需要が高まったことに加え、人件費も引き続き高騰していきます。」

他の東南アジア諸国に比べて、ベトナムで雇用の拡大が大幅に進んでいることに加え、従業員の満足度は非常に高く、地域で2番目です。雇用のピークは1月から6月です。最初10ヶ月の直接投資(FDI)が37.4%成長したことも後押しとなり、雇用拡大を支える原動力は、地域内で最も高い事業拡大比率(68%)であると考えられています。

雇用主によると、製造・生産、卸売り、そして建設・エンジニアリング業界は、来年飛躍的に発展すると予想されています。

ベトナムの来年の雇用市場の予測が明るい一方、採用プロセスと雇用拡大に影響を及ぼす問題があります。

企業は、企業文化にフィットする従業員、そして雇用競争の激しい市場でブランド戦略を立てる事のできる雇用主の不足が大きな懸念であると訴えています。回答企業の約50%は、スーパーバイザー、専門家、マネージャー等のポジションに就く有能な従業員を見つける事に懸念を示しています。

ベトナムにはマネジャーレベルの人材が非常に不足しています。熟練した労働者を必要とする建設、IT、そしてプロダクション業界は、人材確保が難しい業界トップ3との調査結果がでています。

採用の需要が急すぎる等の困難に会社の人事が対応しきれないと、48%以上の回答者が答えています。

企業は、人材保持の戦略に加え、欠員補充と人材不足による影響を最小限に押さえるための長期的な採用戦略が必要です。

「ベトナムでの雇用の難関は候補者市場であり、事業継続のための独自の人材保持戦略、将来を見据えた人材バンクの設立、生産性を維持するための革新的な技術、の3つの主要要素から成る強靭な採用戦略を立てる必要があります。」とファン氏は述べました。

「強靭な採用戦略を作り上げる為に、CareerLinkはベトナム人材業界の戦略的パートナーとして、事業拡大に最適なお手伝いをいたします。私たちは、キャリアアップを通したベトナム経済と生活の向上をはかるべく、革新的なサービスを提供し続けます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です